German Shepherd BanChan

アクセスカウンタ

zoom RSS モロカイ島 ミュールライド

<<   作成日時 : 2013/02/28 08:23   >>

トラックバック 0 / コメント 16

さて、二日目は、旅のハイライト、 カラウパパの町へ、ミュールに乗って向かいます。


こちらが、参加したツアーのウェブサイト
http://www.muleride.com/



「カラウパパ」 とは、現在は、国立歴史公園となっており、許可を取らなければ、町に入ることはできません。


その昔、ハワイで、ハンセン病 (昔のライ病) が流行っていた時代、患者を隔離するため、この半島に、患者を島送りにしていました。  周囲を、世界一高い絶壁に囲まれた町には、当時は、海から以外のルートで、町から出ることが出来ず、いったん、この町に送られた人は、一生、死ぬまで、ここで過ごしていたそうです。  


その悲しい歴史については、「聖ダミアン」 または、「ダミアン神父」  のお話などで、調べてみてくださいね。 映画などにもなっています。 
 

で、私たちが申し込んだツアーは、崖の上から、ミュールに乗って、絶壁に出来たトレイルを下るという、かなりスリル満点なツアーでした。


同じトレイルを、自ら歩いて、ハイキングをするっていうツアーに申し込んでいる人もたくさんいました。 (こちらの方が、かなりお安いです)



こういったツアーに参加する以外、カラウパパに入ることは出来ません。 それは、今も、ハンセン病の患者さんが、ひっそりと暮らしているため、(17人の患者さんが今でも生存しているそうです)  その方たちのプライバシーを守るためだそうです。


では、前置きはこれくらいにして、まずは、早起きして、ホテルの朝食
画像
    例の吹きっさらしのロビーに、コーヒー、紅茶、マフィン、カットパパイヤ、フルーツゼリー などが、無造作におかれてて、ご自由にどうぞってことらしい。


しっかり、腹ごしらえをして、ミュールの牧場に向けて、20分くらいのドライブ。  朝8時前に到着。 
画像
   あとで、崖を降りる分、かなり高い標高にありました。


お〜 おるおる。 ミュールがいっぱい。   ミュールって、ウマとロバの子供なんですよ。  日本語では、ラバって言うのかな?  
画像



実は、10年前、同じツアーに参加したことがあるんです。 でも、そのときは、その崖を下るのが、怖くって、怖くって、もう、楽しむどころじゃなかったの。  でも、最後の方で、すご〜〜く楽しくなってきて、ミュールが大好きになっちゃいました。  その後、「もう一度、リベンジ できたら、もっと楽しめるのにな〜」 ってずっと思ってたんです。


参加者が揃ったところで、カーボーイ風のおじさんから、注意事項、ミュールの乗り方、いろいろと説明を受けます。
画像
  

今まで無事故だそうだけど、一応、念書にサインさせられます。  

画像


まあ、用は、犬といっしょで、信頼すれば、ミュールが、無事に運んでくれるから、身を任せなさいってことらしい。

変に、あっち行け、こっち行けって、手綱を取ろうとすると、がんこ者のミュールさん、へそを曲げることもあるそうです。  


まずは、アルファさんから、乗りま〜す
画像


画像



こちら、私のミュールさん、「ポエレ」 今日、一日、よろしくお願いしますね〜

画像



「ブヒヒ〜〜ン」 って。
画像

なんだか、このお耳が、シェパードに見えちゃってしかたなかったのよ〜
最後には、「花子ちゃん」 って呼んじゃってました。  特に、途中、花子とそっくりなことしてくれたんで。。。


ガイドが3人ついての出発です。  ゲートにワラワラと集まるミュールたち。 この感じも、犬と一緒よ。
画像
  先頭を行くリーダーミュールはいつも同じミュールだそうですが、残りは、気分で、毎日違うそうです。。。 だから、結構、我先を争ってたよ〜


まずは、普通の道路を歩いていきます。
画像



すぐに林の中に入って行き、 この辺は、余裕余裕。

画像
 


ここから、トレイルがスタート。  下に見える半島が、目的地、カラウパパの町。
画像



ここからは、ミュールは一列ね。   ここは、まだ横に柵があるので、いいんだけど、、、

画像
  
全部で10頭くらいだったけど、ポエレちゃん、最後から2番目をキープ。 わりと、後をついていく性格らしい。


横の絶壁の感じ、わかります?  落ちたら、確実に死にます。  って写真撮ってる場合じゃないんだけど。。
画像



あっという間に、柵もなくなり、連日の雨で、足元は、ぐちゃぐちゃ。  滑らないでくれよ〜
画像



画像


みんな無言で、ひたすら、下ります。  こういうターンが26箇所ありました。  


ちょっと下界が近づいてきて、安心してきてるあたり。
画像



ミュールさん、どこを足場にするのかっていうのも、すべて、把握してるそうなんだけど、ときどき、私たちを怖がらせようとするのか、無駄に大回りしてるとしか思えないような行動にも出るんですよ〜 
そういうときは、思わず、ひゃ〜って声が出ちゃいます。 


あとは、勝手におやつタイムを取って、草をボリボリしたりとか。
画像


で、この花子ミュール、草ばかり食べてるもんだから、列からかなり離れてきちゃったの。 


なかなか食べ終わらなかったら、お腹を蹴るか、手綱を引くことって言われてたけど、この子、手綱を引いても、無反応。  お腹を軽くけっても、動きません。  もっと強く蹴って、走り出したりしたら怖いし〜  どうしよう。。。


「ガイドは、どこだよ、ガイドは〜!」 って、後ろにいたはずのガイド、どっか行っちゃったみたいで、姿が見えません。   前にいたガイドは、とっくに進んでいっちゃってるだろうし〜


花子ミュール、ここで、完全にフリーズ。   あーだ、こーだ言えばいうほど、フリーズするとこが、花子とそっくりなミュールでした。  こうなると、何考えてるんだか、わかんないのよね。


ここで、10分ほど、ポツンと立ち往生しちゃったの。 内心、かなりパニック。


そしたら、ハイキングで歩いてる男性がやってきて、一声、口笛を鳴らしてくれたんです。 そしたら、なんと、花子、歩きだしました〜 (もう、完全にここで、花子呼ばわりされてるミュールさん)   



一応、先を行ってた夫が、ガイドに、ワイフの乗ってるミュールが来ないから、ここで待ってるべきだって、言ってくれてたらしい。  偶然、そのときに、ハイキングしてた人が、すべったかなんかで、悲鳴も聞こえてきたらしく、かなり心配してくれてたようですわ。  悲鳴の人も、ただすべって、泥だらけになっただけで、怪我もなかったようですが。。。



で、わたしも、花子ミュールも、無事に、仲間と合流できて、下界まで降りることができました。  お騒がせしたわね。 でも、わたしのせいじゃないよ。  花子ミュールのせいだからね。



降りた先は、いきなりビーチです。
画像



こんな崖っぷち、下ってきたんですよ〜
画像



このミュールさんは、みんなのランチを運んでくれてました。
画像



到着〜  笑顔なんだけど、もう、お尻が痛いのなんのって。。。足もガクガクで、このおにいちゃんに支えてもらいながら、よろよろと、花子ミュールから降りたの。

画像



全行程、1時間半ほどでした。  この後は、しばし、ミュールさんとは、別れて、バスに乗って、町を案内してもらいます。  ここからは、ハイキングで崖を降りてきた人、また、飛行機でやってきた人。 みんな合流するので、40人くらいの団体になりました。



どうですか? 動物好きの皆さんなら、行ってみたいでしょ〜?  
今まで、ハワイで経験したアクティビティーの中で、私の中では、群を抜いて、楽しい体験でしたよ。



こちら、元祖、花子だよ。
画像
   うっ、、、やっぱり、ミュールに似てる。。。



つづきは、カラウパパの町の様子です。




にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
Kiki様
ミュールライド(*^_^*)ですね
ミュールの耳!ホントシェパみたい
花ちゃんに似てるっていうとこもKikiさんの思いが伝わってきて笑っちゃいました。
なるほど。・・悲しい歴史のある島ということは知っていましたが、何度もレポート読み返しました。
花ちゃん似のポエレちゃん、今日も頑張っているのかな〜(笑)
いまさジロー世代です!!わかりまっせ(自)
茶太郎母さん
2013/02/28 12:34
ミュールってなんだろうって思ったらこんな可愛い子達だったのね。
楽しそう!
でもちょっと怖そう!
(〃^∇^)o彡☆あははははっ
花ちゃんと性格が似てたの?
私も麗亜と似てるミュールちゃんだったら困るかもぉ。
Kikiさん満喫してるのが伝わったよぉ。
あなきん
2013/02/28 12:45
素敵で一寸ドキドキの素晴らしいツアー
でしたね。
なかなか行けない所で珍しい体験、良い
思い出が出来ましたね。

カウアイ島のホテル名ですが不確かですが
ココパームスと記憶して居ますが自信は
有りません。
場所は空港からゴルフリゾートの「プリンスビル」へ車で向かう途中、空港から25分
位の距離の所だったと思っています
雰囲気のあるホテルで次回は泊りたいと思いました。

kikiさんが自宅に帰られた時のバン&花子
ちゃんのリアクションが楽しみです。
e shinn心
2013/02/28 15:05
楽しそう〜
おかえりなさ〜い!
動物に命を委ねて岸壁を進むなんて、素敵♪
怖いけど・・・ちょっとヨソ見して景色を楽しめたりも出来るし、わたしも、是非花子ミュール?に乗りた〜い(>_<)
ミュールの後姿・・・ホント、シェパの耳みたい(笑)
りりぃのママ
2013/02/28 16:27
茶太郎母さん
お耳、シェパードに似てるよね〜 ミュールのお耳は、ロバ似なんでしょうね。 ウマに比べたら、ずっと小さいんだけど、すごく力持ち。 なんとも、かわいい動物でしたよ。
カラウパパの歴史は、ご存知でしたか?
今のハワイからは、想像できないような、悲しい歴史ですね。 
いまさらジロー世代ですか? うれしいな!
Kiki
2013/03/01 06:24
あなきん さん
久しぶりの旅行だったし、楽しかったし、テンション上がりっぱなしでした〜
あなきんさんも、このツアー、すごく好きになると思うわ〜
何せ、ミュールがかわいいのなんのって。
犬と同じで、それぞれ、性格が違うのが、おもしろかったですよ〜
きっと麗亜ちゃん似の子もいたかもね〜
Kiki
2013/03/01 06:26
e shinn心 さん
ハワイに住んでいても、ずっと機会を逃していたツアーだったので、本当に、貴重な体験でした。
きっと一生忘れられないと思います。
カウアイ島では、ハナレイの方まで足を伸ばす予定ですので、そのホテルが目に入るかな〜?  ゴルフが出来たら、ハワイは本当に楽しいですね〜  私も、以前、ちょっとだけゴルフしてましたが、ワンズを迎えてからは、全く行かなくなっちゃいました〜

シッターさんの話を聞くと、2匹は、留守番中、普段より、ずっといい子みたいなんですよ〜 なので、助かるのですが、、お帰り攻撃は、それはそれは激しいです。 今度、ビデオで撮ってみますね〜
Kiki
2013/03/01 06:33
りりぃのママ さん
楽しかったですよ〜
大型動物好きには、たまんないツアーだと思います。 ほんと、シェパとミュールに、共通点多々あり、びっくりでした。
怖いけど、そのスリルが、病み付きになりそうな、、
花子ミュールは、やめたほうがいいです。笑
で、きっと、りりぃミュールもあの中にいると思うんだけどね。
この耳を見た途端、なぜか、笑いがこみ上げてきちゃって、大変でした〜
Kiki
2013/03/01 06:36
こんばんは☆
お久しぶりです❤
うはぁ〜ミュール!?ロバの事??
最後まで花子ちゃんとのかぶせトークがツボで
お腹痛くしながら読んでました(笑)
私もこのツアー行ってみたいな〜魅力的です!!
最後に元祖花子ちゃん❤メチャ可愛いです♪
でもごめん、あずきにも見える(笑)
と言う事は、あずきもミュールだったんだぁ!!!(納得!!)
って、全然話が違って来てますね(笑)
えっ!!シェパードってミュールだったの??
(未だ言う私^m^)
まちゃこ
URL
2013/03/02 00:53
花子ミュール、面白すぎるっ
(o_ _)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!
昼休みに職場で見てた私
思わず笑っちゃって…
危ない人になりかけちゃったよ(笑)
それにしても凄い断崖絶壁っ
高い所苦手な私には
最初はやっぱり怖くってギャアギャア言っちゃうだろうなぁ〜
ミュールに申し訳ないぐらいに(笑)
余裕で景色を眺めれるKKIさんさすがです!
でもでも面白そう♪
くぅママ
2013/03/02 15:29
 うわ〜Kikiさんこんな所に行って来たの〜ムリ〜(*_*;こわいよ〜(・。・;
 無事に帰れてなによりです(*^_^*)
 ミュールの花子ちゃんわがままですね〜「私こんな事しない!」って元祖花子ちゃんが怒っちゃいますよ(^_-)-☆
 降りた先がビーチだなんてさすがハワイですね(^。^)y-.。o○
episode
2013/03/03 21:18
まちゃこさん
お久しぶりでした〜!
ミュールって、シェパードのことだったみたいですね〜(笑)
もう、どこをスライスしても、シェパードに見えちゃって、苦笑いが出てきました。
そういえば、あずきちゃんにも似てる〜〜
Kiki
2013/03/04 00:38
くうママさん
記事、楽しんでもらえて、うれしいわ〜
うん、これ、高所恐怖症の人には、多分無理かも〜(笑)  わたしは、2回目だったので、ちょっと余裕でしたが、一回目の時は、やはり、ぎゃーぎゃーうるさかったよ〜

一番つらかったのは、お尻が痛くなっちゃって、座ってられなくなってきて、、、次は、座布団持参で行こうって思っちゃいました。
Kiki
2013/03/04 00:44
episode さん
かなりの冒険でしたが、楽しかったですよ〜
無事に帰還できて、本当に、何よりって思っちゃった!
ミュールさん、すごく頑固みたいで、何か言うと、まるで、「うるせ〜」って言われているのか、反抗されちゃうの。。。
そうですね〜 たしかに、元祖花子の方が、ちょびっと素直かもね〜  
おかげさまで、ハワイ満喫の旅行になりました。
Kiki
2013/03/04 00:46
ミュールの耳はシェパの耳!確かに見える〜(^O^)
花子ミュールにすっかり遊ばれちゃいましたね!
私も馬に時々乗ってますが、よく人を見て行動しますよね〜、ちょっとでも怖かったりすると遊んで楽しみますよね、娘たちは小さい頃、ウンチの中に放り込まれてました(笑)
でも、あの崖をくだるのは無理だわーっ、あれは怖い‼ あそこを降りられたなんて、もうなんにも怖いもの無しですね(゚Д゚)
Sakura
2013/03/04 19:35
Sakura さん
ミュール、やはり人を見るんですね。 きっと私が、どきどきだったのが伝わったんでしょうね〜
馬に乗られるのですか? かっこいい〜
わたしも、乗馬とか、すご〜〜くあこがれちゃいます。
崖くだり、怖いけど、やみつきになりそうですよ。 慣れてくれば、一種の快感かも(笑)
また機会があれば、いつか訪れたいです。
Kiki
2013/03/08 05:30
モロカイ島 ミュールライド German Shepherd BanChan /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる