German Shepherd BanChan

アクセスカウンタ

zoom RSS モロカイ島 カラウパパの町

<<   作成日時 : 2013/03/04 01:51   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 17

カラウパパの記事を書くこと、 私のつたない文章では、きっとうまく伝わらないと思います。


あまりにも、悲しい歴史のある場所だし、わたしも、英語のガイドをすべて理解できてたわけではないと思うので。


でも、見て感じた感想を、いつも通りに書いてみようと思います。  


ミュールを降りた場所で、私たちを待ち受けていたのは、ツアーバス。

画像
 って、スクールバスかいな〜   大の大人たちが、ぎゅーぎゅーになって、スクールバスに乗ってる姿、結構、笑えました。


ここで、ガイドさんから、島に関する簡単な歴史、注意事項などを聞きます。 一番重要な所は、景色の写真はいくら撮ってもいいけど、住人の写真は、絶対に撮ってはいけないこと、 でした。  現在も、数人のハンセン病の患者さんが、ひっそりと住んでいらっしゃいます。  


でも、3時間近くのツアーの中で、住人に会うことはありませんでした。。。 まるで、ゴーストタウンのような雰囲気だけど、町自体は、手入れが行き届いて、きちんと整備されています。 なんか、とっても不思議な感じでした。


最初に止まった場所は、おトイレ休憩もかねての小さな売店。 飲み物やスナックなどを買いたい人は、ここ以外には買えませ〜ん とのことだったので、お水と、お菓子を少々購入。 
画像



町の中は、こんな感じのお家が点在していました。 ここは、本屋さんになっていました。 ここで、またしばし、休憩します。  本屋には、こちらの歴史の本が何冊も売られてて、買いたかったけど、読みきる自信なし、、で、とりあえず、見ただけ〜
画像



この建物の入り口に灯篭が立ってました。
画像



ここは、もともと、神社だったようです。。。ということは、日系の人もハンセン病患者の中にいたということですね。
画像




なんか、ツアー客の中に、やたら、ビデオを回して、あちこち、動き回ってる二人組みがいるな〜 って思ったら、なんとなんと、この方たち、BSTBSの 「地球絶景紀行」 という番組を制作中だとのこと! 
画像
   「ガイドさんにインタビュー中」



その番組ご存知ですか??  ハワイでは、見れないので、私は、知らなかったんですが、 4月頃から、その番組でハワイ特集を組むそうで、すべての島を特集するそうです。 モロカイの番組は、夏頃に放送予定とのことですよ〜   おばさん根性で、いろいろと聞き出しました。


多分、わたしも隅っこにちらほら映ってるかもしれません。  それは、見ない方がいいと思うけど、是非、その番組が放送されたら、見てくださいね。  とにかく、一生懸命、あちこち、動き回って撮影してました。  ツアー客の人も、みんな感心しちゃって、「日本人ってやっぱり働き者ね〜」 って、声が聞こえました。



またみんなバスに戻って、、
画像




次は、「マザーマリアン」 のお墓です。
画像




彼女は、50歳の頃、ホノルルから、自ら志願して、この島にやってきました。 そして、80歳の生涯を閉じるまで、患者のケアーに一生捧げたそうです。  特に、島の女性の権利を守ることで、患者からの信頼は、とっても大きなものだったそうです。  
画像
   その功績は、ダミアン神父とともに、「聖人」 として、カトリック教会から認定されています。



お日様も高くなってきた頃、景色の良い場所へ移動。 ここは、埠頭ですが、この島に、年に一度、大型船がやってきて、大きな物資を運んでくるそうです。
画像




そのすぐ横に建てられた教会。 現在も使われている教会です。  やたら、彫刻がたくさんあって、にぎやかな内装でした〜
画像

画像



と、ここまでは、現在使われている町の中をぐるぐる回っていましたが、この後、バスに10分くらい乗って、舗装されてない、ガタガタ道を行き、 悲しい歴史が始まった、初期の居住区という場所を訪れます。


住居と言えるものは、何も残っておらず、石段のようなものが残ってるだけでしたが、、、  この近くの海に、ボートで近づいて、患者を降ろしてたそうです。 中には、病気が怖くて、島に近づきたくないという船頭もいて、沖から、患者を泳がせたというような話も聞きます。



そして、この歴史に欠かせない人物が、「聖ダミアン神父」  彼は、ハンセン病患者のサポートをするために、この島にやってきて、後に自分もハンセン病に感染してしまい、亡くなるまで、生涯をこの場所に捧げました。


神父としてだけではなく、一人の労働者として、汗水垂らして、町づくりに貢献したそうです。


彼が建てた教会
画像


画像


画像



彼のお墓です。 
画像



その近くの景色の良い広場で、簡単なランチを取りました。  ミュールさんが運んできたサンドイッチ。  


おっ、TBSのカメラマンが、こんなアングルで、ビデオを回してる、、、って、横に行ってまねして、この絶景の写真を撮ってみたけど。。。
画像




こんな感じ〜 (笑)
画像
     ここ、かなり時間をかけて、景色を撮影されたので、きっと、たくさん映ってるんじゃないかな〜?  


患者さんのお墓もたくさんあって、何千人という方が、この辺りに永眠しているそうです。 自然と手を合わせてしまうような、荘厳とした、雰囲気でした。


ハワイで、パワースポットとか、いろいろあるけど、ここ以上にパワフルな場所ってあるんだろうか。。。



今の明るいハワイからは、考えられない悲しい歴史です。  ハンセン病、今は薬もあるので、怖い病気ではないですが、当時は、恐ろしい感染病で、発症したら、子供であろうと、なんであろうと、家族から引き離されて、この島に送られていたとか。。。



また、今でも、この場所に住んでいる患者さんたちは、現在は、好きな場所に住むこともできますが、皆さん、かなり高齢のため、あえて、この町に住んでいるそうです。  病院もちゃんとあります。  専門のドクターは、週に一度、オアフ島から、往診にやってくるそうです。


この先、高齢の患者さんが、全員他界した後、この場所をどうするか、、、今、静かに議論されているそうですよ。


わたしは、このまま、静かに残して欲しいと思いましたが。。。


なんか、とっても名残惜しい気持ちでしたが、帰りの時間が近づいてきて、バスで、ミュールが待ってる場所に戻りました。

画像



来たときに乗ったミュールと同じミュールに乗って、今度は、一気に崖を上ります。
画像





花子ミュール、上りは、得意のようで、問題なく、いいペースで上っていってくれました。


でも、上りは、相当疲れるのでしょうね。体を触ると、相当熱くなってるし、息遣いも、それはそれは荒くって、かわいそうになってしまいました。  


無事に、出発場所に戻り、ツアーはお終いです。  花子ミュール、ありがとね〜  また会いたいな〜



その夜7時に、また同じ小さい飛行機に乗ってオアフ島に戻りました。  帰りの便では、なんと、体重計に乗るはめに。。。  しかも、手荷物も一緒に計るので、絶叫するような数字が。。。  これが、ツアーの中で一番怖かったかも〜(爆)   




旅行記も一応、これで終了です。 ながながとお付き合い頂き、ありがとうございました〜


モロカイ島、機会があれば、是非、一度訪れて、このツアーに参加してみてくださいね。 一生の思い出になること間違いなしです。


にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
貴重な旅行でしたね。
きっと心にずっと残る時間を過されたと思います。

はい、しっかり日本のテレビで見ます。
それにしても、スクールバスのような色懐かしいです。
アメリカの象徴な色ですものね。

どこの国にも悲しい歴史はありますが、ずっと忘れないようにしていくのも大切だと思います。
Sarah mama
2013/03/04 10:30
BS!!実家のテレビでしっかり録画します。
我が家のテレビは対応してないんです。(悲)
Kikiさんレポートは親しい友人から届いたようで、とても親身になって読ませていただきました。(感)
最後の体重のったところ〜現実みを感じましたぜ。
無事にお帰りなさいませ。ばんちゃん花ちゃん一番うれしがっていることでしょう。
土曜日、ユニバーサルレコード会社のライブで盛り上がってきました。リンゴスターが「Love & Peace」を言っていました。これってみんながひとつになる言葉じゃないかな・・Kikiさんレポートを読み終えて思いました。
で、私の目的はもちろん!ドリカムでした。長文失礼しました。
茶太郎母さん
2013/03/04 12:43
BSTBSの「地球絶景紀行」ですね?
夏頃かぁ・・・楽しみ♪
(忘れなきゃイイけど・・・)
カラウパパの町は、キレイで素敵な島なのに、悲しく酷い歴史があるんですね。
でも、それを忘れずに、現在の人にちゃんと伝えられている姿勢は、すばらしいと思います。
そして、この絶景と静かな空間をそのまま残して欲しいと願うKikiさんも素敵です。
わたし達には体験出来ないようなお話と、絶景写真、ありがとうございました!
花子ミュール、帰りは寄り道しないで良かったですね♪

りりぃのママ
2013/03/04 13:02
何度もスミマセン(汗
前々からいつお願いしようかと思いながら、タイミングを逃してたんですが・・・
Kikiさんのブログ、リンク貼らせて貰っていいですか?
りりぃのママ
URL
2013/03/04 13:05
明るいハワイにも暗く悲しい歴史が有る事を知りました。
モロカイ島の旅行記を大変楽しく読みました、観光で訪れた人には、なかなか機会が無い場所の紹介で良かったです。

バン&花ちゃんの狂喜乱舞振りを想像し独りでニヤニヤでした。
e shinn心
2013/03/04 13:09
Sarah mama さん
読んでいただきありがとうございます。
本当に、貴重な体験をさせて頂きました。
ここで見たこと、聞いたこと、一生、覚えていると思います。 そして、一人でも多くの人に、この場所を訪れてもらいたいです。

スクールバス、かわいいですね。
確かに、この色は、アメリカの象徴みたい。
運転中に、スクールバスに出会うと、かなり待たされるので、邪魔だな〜って思っちゃいますけどね〜
Kiki
2013/03/04 17:29
茶太郎母さん
テレビで、是非是非、見て欲しいです。
ちゃんとここの歴史も伝えてくれるかな〜?
私も、見たいけど、さすがに、ハワイでは放送してなくって。。。
そうだ! わたしも、実家に録画、頼んでみます。
記事も、じっくり読んでいただいたとのこと、ありがとうございます〜 ちょっとがんばって、記事にした甲斐がありましたよ〜

また、ライブでしたか〜いいないいな〜
わたしは、Kポップ、スーパージュニアのライブに、行きたくって行きたくって、韓国まで行こうかと思ってるくらですよ〜(笑)
 
Kiki
2013/03/04 17:33
りりぃのママ さん
記事を読んで頂き、どうもありがとうございました。
めずらしく、まじめに書いてみました〜 (ってこの程度ですが、、恥)っしゃる通り、こうやって、現在にも、この歴史が伝わっていることは、すばらしいですね。
この場所が、今後、どうなるのか、すごく興味もあるので、ずっと見守って行きたいと思っています。
わたしも、リンクをお願いしたいと思っていました。 是非、よろしくお願いします。
わたしも、貼らせて頂きますね。 
Kiki
2013/03/04 17:37
e shinn心 さん
記事を楽しく読んで頂き、どうもありがとうございました。 楽しく、明るいハワイの裏側にある、こういう悲しい歴史を少しでも多くの方に、知ってもらいたいって思いました。
観光できたら、なかなか、モロカイ島までは、行く機会もないですものね。

明日から、カウアイ島に行ってきます! バンと花子の留守番は、大好きなシッターさんに頼んでいるので、2匹も楽しく留守番できるはずです。
狂喜乱舞のお迎え、がんばって、ビデオに納めますよ〜 
Kiki
2013/03/04 17:42
すごいねぇ。
本当にいろいろ考えさせられるよね。
Kikiさんとっても良い経験したのねぇ。
BSじゃ見れないのがちょっと残念!
でもKikiさんのレポすばらしかったよ。
旅行記もう終わりなのも残念!
(〃^∇^)o彡☆あははははっ
あなきん
2013/03/04 18:59
自然豊かなモロカイ島に、そんな悲しい歴史があった事知りませんでした。ハンセン病は日本でも隔離され感染を恐れられ、赤ちゃんであれ一生家族に会う事も許されず、悲しい歴史として残っていますが、、、
知らなければ、それですんでしまうけど、現在も居住しているカラウパパの町を観光客が訪れ、こんな悲しい歴史もある事を語り継いで行く事が大事なんですね。
なかなか行かれない所なので、kikiさんのレポート読む事ができて良かったです。ありがとうございました。
Sakura
2013/03/04 19:18
なんだか、ちょっと切ない、でも知ることが出来て良かったお話でした。私学生のころから、歴史が本当に嫌いで、知るべきだろうけれど知らないことが多いんです。
でもハワイに住んでいるからこそ、姉妹がもう少し大きくなったら一緒に、楽園ハワイの裏の歴史をしっかり学習しようと思います。KIKIさんのお陰で知らずに終わったかもしれないことが、学習の機会となりそうです、ありがとう。 ところで、今度はカウアイ?そろそろ、お引っ越しなのでしょうか?
みーまま
2013/03/05 04:05
あなきん さん
お返事遅くなりました。
レポート、読んでくれてありがとう。
どの国にも、こういう歴史ってあるんだろうけど、ちゃんとそれを伝えているのって、すごいな〜って思いました。
また、ちょこちょこ、気がついたことがあったら、付け足していきますね。
本当に、貴重な経験が出来て、幸せでした〜
Kiki
2013/03/08 05:45
Sakuraさん
日本でも、やはり同じことがあったんですね。
本当に、知らなければ、それですんでしまうことですね。 
ハワイに住み始めて、ハワイ文化のクラスを大学で取ったことがありましたが、カラウパパの歴史は、かなり時間を割いて、学ばされたんです。
他のことは、結構、忘れちゃったけどね(笑)
こんなつたないレポートですが、読んでくださってありがとうございました。
Kiki
2013/03/08 05:52
みーままさん
実は、わたしも、歴史は苦手です。日本史は、もっぱら、大河ドラマで学んだ程度で(笑)
これから、お嬢様たちも、ハワイの文化、歴史を、学校でいっぱい学んでいかれると思います。
一緒に勉強できて、きっと楽しいでしょうね〜
引越しね〜 なんだか、面倒なことをどんどん後回しにしてしまう、わたしたち、、、
今は、引越し前に、ハワイを満喫しようってことで、とりあえず、そこに焦点が、、、、
だめですね〜 

今度、ワイマナロビーチとか、ご一緒に如何でしょう? あと、Polo も、そろそろ、シーズンが始まりそうですよ〜

Kiki
2013/03/08 05:57
コメント遅くなりました

 ハワイにも色々な歴史があるんですね〜はたから見るのと大違い勉強させて頂きました( ..)φ「地球絶景紀行」見なければ!

 その日のうちに花子ミュールに乗って 飛行機で帰って来るなんて強行スケジュールですねお疲れ様でしたヽ(^。^)ノ
episode
2013/03/10 18:22
episode さん
そんな風におっしゃって頂き、ありがとうございました。
ハワイは、小さい島ですが、結構、おもしろい歴史があるんですよ〜
TBSの番組でも、そこんとこ、紹介してくれればいいな〜って思ってます。

飛行機は、ほんの20分くらいの距離なので、なんだか、バスみたいでした。
さすがに翌日は、死んでましたけどね(笑)
Kiki
2013/03/11 06:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
モロカイ島 カラウパパの町 German Shepherd BanChan /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる